#じゃべめも

じゃべめも棚卸し

Rubyで模様生成機

tracpath.com

ランダムで模様作るよ

前提:

gem install geo_pattern --no-ri --no-rdoc

gem install color

require 'webrick'
require 'geo_pattern'

random = Random.new(20)
server = WEBrick::HTTPServer.new({:BindAddress => '0.0.0.0', :Port => 3000})

trap(:INT){server.shutdown}

server.mount_proc('/') do |req, res|
  range = 0.0..1.0
  col = Color::RGB.from_fraction( random.rand(range), random.rand(range), random.rand(range) )
  pattern = GeoPattern.generate(col.html, patterns: :plaid, base_color: col.html)

  content = "<div style=\"background-image: #{pattern.to_data_uri};min-height:768px; width:1024px;\">"

  res.body = content
  res.content_length = content.size
  res.content_type = "text/html"
end

server.start

3Dオブジェクトを使った2Dゲームのレイヤー実装

SpriteRendererだけを使う場合は、SortingLayerでレイヤーを実装する。
ただ、MeshRendererにはSortingLayerが無いので、描画順の制御が上手く行かなかったりしてた。

MeshRendererを織り交ぜてレイヤー表現する場合は、カメラを複数使って実装するのが、汎用的で良い

背景カメラ、メインカメラ、前景カメラ、みたいな塩梅

 

オブジェクトをどのカメラに写すのかは、各オブジェクトのLayerとカメラのCullingMaskで操作する

 

*カメラのDepthを変更して、描画順を決定するのだけど、-10とかにすると何故か描画されなくなるので、
最背面を0スタートの正数で実装するのが良さそう

アニメーション管理での親子管理例

 

Unityでマテリアルのインスタンスが増える条件

 

Windows Subsystem for Linux 入れてみる

Windows Subsystem for Linux を有効化
Microsoftストアからubuntuをインストール

/mnt/c/にWindowsのフォルダ一式があるので、ここから開発フォルダに移動して rubyとか触ればよいと思う

 (MicrosoftStore使うのは盲点だった・・・)

 

rbenv経由でrubyのインストール

qiita.com

サチちゃんをBlenderに連れて行く

※※※※※ またもトラブルだそうで、現在サチちゃんは公開されてません ※※※※※

 

何やらトラブルがあったそうで、へルネス様アバターが差し替え依頼

新しいFBXだと症状が変わったのでメモ

javememo.hatenablog.jp

www.youtube.com

vrchatjp.playing.wiki

 

 

FBXインポート、アーマチュアの自動整列
指のダミーボーンがエンプティオブジェクトに化けてるので、削除
全ての要素がワールド座標からみてやや左にズレてるので、移動させる
メッシュ関連の修正
 原点位置が各オブジェクトでバラバラなので、ワールド原点にそろえる
  Shift+Fで3Dカーソルを原点へ
  オブジェクトをすべて選択して、オブジェクトメニューから原点を3Dカーソルへ
ボーン関係の修正
 一見大きさが大きいだけに見えるが、ポーズ解除するとWingSup01がやや上にズレてるので修正
  ポーズモードにして、ポーズメニューからデフォルトのポーズに適用
 サイズのずれをなおす
  エディットモードにしてすべてのボーンを選択、Hipsボーンを選んだ状態にする
  ピポットの設定からアクティブ要素を選択
  Sで拡大縮小。腕の位置が合わせやすいかも
ダミーの指ボーンの作成
 準備
  上からみた図にする
  ボーンを選んでエディットモードへ
  左カラムの「オプション」からX軸ミラーをチェック
 ボーンを生やす
  LeftHandボーンからShift+Eでボーンを生やす。こうすると左右同時に作られる
 各ボーンの名前の整理(必要があれば)
微妙に左右がずれていてX反転編集が使えないのを修正
 エディットモードで半分削除
 ミラーモディファイアで消した部分を復元
 (シェイプキー入れる前に行わないとエラーになる)